レブログメンバーのプロフィールについては、こちらをご覧ください。

メンバーリスト

ポッキーポッキー (74)

* * * * *...

のィジーのィジー (31)

* * * * *...

DecoDeco (29)

* * * * *

高橋み高橋み (30)

* * * * *...

keikei (29)

* * * * *

BananaBanana (29)

* * * * *

レベスガレベスガ (29)

* * * * *...

CosakaCosaka (29)

* * * * *

MsanMsan (28)

* * * * *

ツキツキ (28)

* * * * *

akiaki (28)

* * * * *

NN (28)

* * * * *...

ノビノビ (17)

* * * * *

KIRAKIRA (28)

* * * * *...

TAMTAM (11)

* * * * *

B・IB・I (56)

* * * * *...

のこのこのこのこ (26)

* * * * *...

まぴまぴ (26)

* * * * *...

みさみさ (26)

* * * * *...

スタッフスタッフ (4)

* * * * *...

もりりんもりりん (3)

* * * * *...

ぐんもぐんも (22)

* * * * *...

つのピーつのピー (21)

* * * * *...

テルオテルオ (21)

* * * * *...

マカロンマカロン (20)

* * * * *...

maoumaou (3)

* * * * *...

たけるたける (12)

* * * * *...

ヒコヒコ (10)

* * * * *...

とろろとろろ (7)

* * * * *...

マツマツ (7)

* * * * *...

かんきつかんきつ (7)

* * * * *...

ポコポコ (7)

* * * * *...

ばんびばんび (5)

* * * * *...

ふ~りんふ~りん (1)

* * * * *...

Google plus

ランキング参加中


ブログランキング・にほんブログ村へ

おすすめ記事

最近のコメント

アバター画像は、似顔絵メーカーを使用しました。

© レブログ All rights reserved.

20224/1

エピソード4 「交錯する心」

2022年    4月 1日    B.I

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

戸倉太一・・・コンビニでのアルバイトを辞め、

塾の講師になることを決めた青年

影山圭一・・・戸倉にアパートを貸す

心優しいコンビニ兼バーのオーナー

杉本康太・・・働いていたバーを一時的に休み、

公務員試験の勉強に専念する青年

 

エピソード4 「交錯する心」

 

「どうして僕が塾の講師になることを知ってるんですか?」

戸倉は誰も知るはずのない話を影山が知っていたことに驚いた。

「情報というものは意外なところから入ってくるものだよ。」

そう言って、

結局どこからその情報を仕入れたのか教えてくれなかった。

「これから忙しくなるね。

今後のスケジュールについては塾と話は済んでるの?」

「塾からは1日でも早く来て欲しいと言われてるんですけど、

こちらの準備も色々とあるので、

行ける目途が立ち次第連絡することにしてます。」

「そうしたら、少しでも早く次の仕事に移れるように

店長に話はしておくから。」

「ありがとうございます。

あと、家の方もすでに何軒か下見をしていて

近いうちに引っ越しをする予定なので、

決まれば改めて連絡させてもらいます。」

「家の方は全然いつでもいいから。」

コース料理を食べながらじっくりと話をしたが、

路頭に迷っていた自分に手を差し伸べてくれた

影山さんには感謝しかない。

自分はまだまだ影山さんのような懐の広さはないが、

いずれは周りの人を助けるくらい

心に余裕のある人間になろうと思った。

その後、すぐにバイトを辞めることができ、

引っ越し先の家も決まった。

社会人として目標を見失っていた今の生活に別れを告げ、

新しい環境へと踏み出す準備が整った。

バイトを辞めるタイミングが決まった時点で、

塾には行けるぎりぎりのスケジュールを伝えてしまっていたので、

あまり気持ちの切り替えもできない状態のまま

初日の仕事を迎えた。

まず自分自身にとって新鮮だったのは、

仕事をする服装が決まっていないことだった。

事前に話を聞くとほとんどの人が

私服で動きやすい格好をしているらしい。

これまで当たり前のようにスーツを着ていた私にとって

毎日どの服を着ていくのかを考えることは意外と大変だった。

家を出て塾へ向かう最中、

前の職場を含めここ数年の苦しかった日々が自然と頭の中を駆け巡った。

入塾試験以来となる新たな職場に緊張した面持ちで足を踏み入れると、

あの時と同じ受付の女性が笑顔で迎えてくれた。

「またお会いできて嬉しいです。これから一緒に頑張りましょう。」

久しぶりに自分を受け入れてくれる何気ない一言が

自然と心に響いた。

事前に聞いていた通り、

この日から数ヶ月に渡る研修期間が始まった。

研修期間が終われば

高一クラスの数学を受け持つことが事前に伝えられ、

それに向けてどういった内容のものをどのように教えるのか、

数学を実際に担当している人が入れ替わりで研修の講師となり、

必要なスキルを学んだ。

家庭教師のように一対一であれば、

相手の理解度に合わせてスピードを変えることが出来るが、

塾のように一度に大勢を相手にする場合は

決められた時間の中で決められた範囲を進むのが基本となる。

だからこそ、

一人でも多くの人が理解できるように

説明する技量が講師として求められる。

研修の中で時間を区切ってロープレを実施したが、

これだけ長い時間考えながら話し続けるという経験がないので、

時間配分には苦労した。

生徒の反応を見ながら授業を進めていく中で、

理解していない顔つきの生徒が目に入った時に、

全体のことを考えてスルーして先に進めるだろうか、

という不安もあった。

一人前の講師として教壇に立つには、

想像していた以上の苦労を伴うが、

その中でも着実に前に進んでいる実感はあったので、

日々の小さなやりがいが背中を後押ししてくれた。

研修期間も半分を過ぎた頃、

講師も務めてくれた堀田将之から飲みに誘われた。

堀田は年齢が一つ上で、

私と同じように他の会社を経て3年前にこの塾に転職してきた。

仕事終わりに、案内されるがままついていくと、

そこは個室の居酒屋だった。

「予約していた堀田です。」

お店の人にそう告げると、個室に案内された。

「さあ、入って入って。」

戸倉は引き戸を開けた。

「遅いよ、新人くん。先に飲んでるから。」

「えっ・・・」

誰もいないと思っていた個室の中には、

いつも笑顔であいさつしてくれる受付の女性が一人で座っていた。

「また先に飲んでるよ、すぐ来るから待っといてって言ったのに。」

堀田が少し呆れたような口調で言った。

「別にいいじゃん。今日は楽しく飲もうっていう会なんだから。」

会話を聞くだけで二人の仲の良さが伝わってくる。

「あ、そういえば自己紹介がまだだったね。

西野亜美です。これからよろしくね。」

今、西野さんを目の前に改めて思ったが、

入塾試験で始めて挨拶をしたときから

すごく目を引く綺麗な方だと思っていた。

普段の仕事ぶりを見ていると物静かでクールな印象だったが、

お酒が入ると陽気な口調で距離を詰めてくる感じも心惹かれるものがある。

注文を一通り終え、

「研修大変でしょ?」と堀田が聞いてきた。

「大変ですけど一歩ずつステップアップしている実感はあるので、

いい経験が出来ていると思います。」

「さすが期待の新人なだけあるね。

堀田君は研修を受けていた時どんなこと考えてたんだっけ?」

「僕はとにかく早く研修終わらないかなと思ってました。」

「戸倉君はこんな先輩の背中を見て育っちゃだめだよ。」

「せっかく年齢の近い人が入ってきてくれて

これから仲良くなりたいと思ってたところなんですから

変な先入観植えつけないでくださいよ。

研修の時、ちゃんと分かりやすく教えてるよね?」

「そうですね・・・」

二人の小気味のいい会話の途中に急に振られて、

たじたじになってしまった。

「でもこう見えても、堀田君は生徒の中で人当たりが良くて、

授業が分かりやすいって評判だから、

他の数学の講師よりも個別に質問を受けることが多いんだよね。」

「始めからそれを言ってよ。」

良いことも悪いことも含めて本音で話をする、

そんな集まりとなった。

研修が終わったらまた3人で飲みに行こうという話で解散となったが、

堀田さんから誘われて2人で締めのラーメンを食べに行くことになった。

店に入るなり、食欲をそそる香りが鼻を刺激した。

最近家でインスタントラーメンを食べる機会は多かったが、

ラーメン屋に足を運んだのはいつぶりだろう。

事前に食券を買うスタイルで、

堀田さんが二人分まとめて買ってくれようとしていた。

「さっきも払ってくださったのに、ここは払います。」

そう言って、急いで財布から1,000円札を取り出し、券売機に入れた。

「なんか申し訳ないね。奥さんが財布握ってるから助かるよ。」

「えっ、堀田さん結婚してたんですか?」

「そういえば言ってなかったね。あとで詳しく話すよ。」

最近のインスタントラーメンは種類も多くて、

味も美味しいので十分満足しているが、

お店で食べるラーメンはより一層美味しく感じる。

「さっきの話の続きだけど、

約一年前に結婚して奥さんは一般企業の事務職に勤めていて、

共働きでお互い協力しながら生活してるっていうところかな。」

「お金の管理は基本任せてるんですか?」

「そういうことになるね。

付き合ってた頃は同じくらいのパワーバランスだったんだけど、

結婚していつの間にか尻に敷かれるようになったんだよね。

今それで上手くいってるから全然いいんだけど。」

その話を聞いて、

堀田さんの性格から家庭像がなんとなくイメージできるような気がした。

「そういえば、西野さんとしっかり話をするのって今日が始めてだよね?」

「そうですね。でも、どうして西野さんとあんなに仲がいいんですか?」

「講師と事務員で仕事の中身は違うけど、

同じ時期に塾に入ったのがきっかけで、

仕事の愚痴なんかを飲みながら話をしている中で

自然と仲良くなったんじゃないかな。

年齢も西野さんが自分の1個上で、

職場に近い年齢の人がいないっていうのもあるかも。」

「西野さん僕の2個上なんですね。」

「あれ、もしかして気になってる?」

「変なこと言わないでくださいよ。気のせいです。」

恥ずかしさを隠すようにラーメンをすすった。

「でも、仲が良いとか関係なく、西野さん美人だと思うよ。」

「やっぱりそうですよね。」

自分自身単純な人間だと思ってしまうが、

残り半分の研修期間、新しい原動力を糧に頑張れそうな気がした。

明日の自分は今日の自分を少しでも超えれるように、

そんな気持ちで日々自分のできることに邁進していると、

研修も終わる頃には苦労していた時間配分も

肌間隔でおおむね分かるようになっていた。

研修を無事終えてすぐに

堀田さんが3人での飲み会をセッティングしてくれた。

3人でお店に向かう予定だったが、

堀田が急な雑務が入り、2人で先に店に行くことになった。

その道中、「戸倉君って勘はよく当たる方?」

不意に西野さんが聞いてきた。

「どうですかね。」

「例えば、

あの人って自分のこと好きなんじゃないかと勘づいたことが、

実は本当だったりとか。」

「そういうのは鈍いかもしれないです。」

「そっか・・・」

戸倉が信号待ちで横を見ると、

西野さんは遠くの空を見上げながら

どこか寂しげな表情を浮かべていた。


 

 編集戦隊   レベストジャー

レベストジャー・レッド

B・Iさん

主人公!就職しましたね!

これからどうなるのでしょうか?

年上のマドンナ(受付のお姉さん)

これからどうなるのか・・・。

ちなみにこのマドンナはスパイで

主人公は、本当は、記憶を操作されている

元スパイだったりして(*´艸`*)

遅れてくるといった上司?

本当に遅れてくるのか・・・・。

いやもしかしてマドンナがすでに彼を闇に葬って・・。

危ない主人公!!

秘密組織が絡んできたりして(*´艸`*)

アクション・サスペンスの方向に(*´艸`*)

本当は、全て主人公の夢の中だったりして・・。

繰り返される夢・・・・。

もう勝手に妄想入ってしまっているわ(*´艸`*)

どのようにお話が展開するのか!

マドンナはなぜ遠くの空を見つめてたのか・・・!

もしかして・・・UFO・・・・。

おっとお時間がやって来ましたので

この続きは来月としましょう(´vωv`*)

次回をお楽しみに(*´艸`*)

編集戦隊レベストジャー

投稿者プロフィール

B・I
B・I

* * * * *

新メンバーで業務部の「B・I」こと大島知弥。月初のブログ当番。彼が書く文章は実話に基づきながらもどこか小説風。しゃちょーから月初当番を任されるのには頷けます。資格試験の猛勉強も継続中!

SNSでもシェアできます:

    • 寺ママ(・∀・)
    • 2022年 4月 01日

    小説にコメントするのって難しい。
    感想っても、批評になるから。
    でも、あえて言うね。
    なんだか、知らない人の日常を見せられているような居心地…
    寺ママが小説や映画ドラマを観る基準って非日常なんだよね。ほのぼのは苦手。
    レッドが言うように女スパイとか出てきて欲しい…
    あくまでも寺ママの好みの問題ですっ。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


空き地に想う🌴

2022年    9月 30日     Cosaka  *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*  皆さんおはようござ…

おかげさま⛩🙏

2022年 9月 29日     カルモパパ *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* 皆さんおはようございます。 食欲の秋で…

通い派!合宿派!どちらでした?🚗

2022年  9月 28日     のイジー *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* おはようございます。 本日は…

NFTをご存知ですか。

2022年    9月 27日     図書委員  *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* みなさま、おはようござい…

あの日あの時あのだるま。

2022年    9月 26日     レベスガ  *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* 夏、おわりましたか? …

20229/24

えっ!?知らないの?!(・o・)

2022年    9月  24日     TAKE☆CO *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* ごきげんよう! …

気になるニュース

2022年 9月 22日     ヤックン *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* おはようございます。 本日はヤックンが担当い…

冷めた芋を熱く語る(*´艸`*)

2022年 9月 21日    アクビちゃん *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* いしやぁぁ〜き〜いもぉ〜〜♪ やきいもぉぉ〜…

秋の楽しみ(*´艸`*)

2022年    9月 20日       なかれい *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* 皆さんおはようございま…

20229/20

最新機種が欲しいな(*´∀`*)

2022年  9月 19日     TAKE☆CO *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* ごきげんよう! TAK…

ページ上部へ戻る