レブログメンバーのプロフィールについては、こちらをご覧ください。

メンバーリスト

ポッキーポッキー (60)

* * * * *...

のィジーのィジー (25)

* * * * *...

TAKATAKA (17)

* * * * *

DecoDeco (23)

* * * * *

高橋み高橋み (24)

* * * * *...

keikei (23)

* * * * *

BananaBanana (23)

* * * * *

レベスガレベスガ (23)

* * * * *...

CosakaCosaka (23)

* * * * *

MsanMsan (23)

* * * * *

ツキツキ (23)

* * * * *

akiaki (23)

* * * * *

NN (23)

* * * * *...

ノビノビ (17)

* * * * *

KIRAKIRA (22)

* * * * *...

TAMTAM (11)

* * * * *

B・IB・I (42)

* * * * *...

のこのこのこのこ (20)

* * * * *...

まぴまぴ (20)

* * * * *...

みさみさ (20)

* * * * *...

スタッフスタッフ (4)

* * * * *...

もりりんもりりん (3)

* * * * *...

ぐんもぐんも (16)

* * * * *...

つのピーつのピー (15)

* * * * *...

テルオテルオ (15)

* * * * *...

マカロンマカロン (15)

* * * * *...

maoumaou (3)

* * * * *...

たけるたける (6)

* * * * *...

ひこひこ (5)

* * * * *...

とろろとろろ (2)

* * * * *...

マツマツ (2)

* * * * *...

かんきつかんきつ (2)

* * * * *...

ポコポコ (2)

* * * * *...

Google plus

ランキング参加中


ブログランキング・にほんブログ村へ

最近のコメント

アバター画像は、似顔絵メーカーを使用しました。

© レブログ All rights reserved.

20216/14

ポッキー少年の哀愁

2021年 6月 14日  ポッキー
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

皆さんおはようございます。

ポッキーです。

 

前回、想像以上に非難が集まり、叩かれ、

そして私自身、非常に動揺しまして。

結果、ブログの書き方がわからなくなってしまいましたw

 

サプライズは受ける側の作法のようなものがあるようで。

文章だと妻との関係性も雰囲気も伝わらないのでね・・・

まぁでも「ヘタクソ!」は無いわなww

 

あんまり書くとまた叩かれるので話題チェンジ!

 

とはいえコロナでどこにも行ってないし

息子の話題も特に新しいものはない。

恒例の昔の話を切り売りしようかと思います。

 

記憶を頼りに、多少の作り話を交えつつ。

 

その1 信じられない話

 

あれは私がまだ中学生で、当時私が通っていた中学校での話。

その日は終業式か始業式か、

とにかく何らかの式典が講堂で開催されていた。

偉い先生が話す内容を全校生徒が聞いていた。

その式典中に猛烈にお腹が痛くなった。

授業や催しの最中にトイレに行くという考えはなかった。

(学校のトイレで大きいほうをすること自体が躊躇われた)

私は式典が終わるのを待ち続けた。

どんどん大きくなる波を必死に乗り越え、式が終了。

列をなして講堂から教室に戻る。

タイミングとしてはそこで行くべきだったのだろうか。

私は何故かそのタイミングを逃した。

教室に戻ると短いホームルームがあった。

その間も私は、何度も襲い掛かる激痛に耐え続けた。

顔は緑色になり、額からは濁った汗が流れ出た。

最後の砦(肛門)は何度も決壊目前であることを

警告してきたが、私はそれを断固として受け入れなかった。

そしてホームルームが終了。

クラスの皆はクラブ活動を開始する。

よし、いまだ。トイレに行くのだ。

私はソフトテニス部に所属しており、

同じクラスの中尾君もテニス部だった。

その中尾君が私に地獄の言葉を投げる。

「先に部室に行って先輩に俺が遅れること言っといて」

「自分で言え!ワシはトイレじゃ!」

と、言えなかった。

ちょうど波と波の間の凪だったのかもしれない。

トイレにはいかずに部室にむかった。

テニス部の部室は校舎から遠く、グラウンドの奥にあった。

全速力で部室に向かって走り、荷物を置く。

すでに到着していた他の部員たちには脇目も振らず

踵を返してトイレに向かう。

学校のトイレだろうが何だろうが、出しちゃうよりはマシだ。

屋外トイレは部室からグラウンドを挟んで向こう側にある。

すでに練習が始まっている野球部とサッカー部のエリア。

そのど真ん中を、テニス部員が全速力で駆ける。

砦「おい!もうやばいぞ!」

私「もう少しだ!」

砦「急いでくれ!もうやばいぞ!」

最後の砦さんと心の会話をする私。

 

あと200m。

砦「ポッキー、わし、もうアカン!」

私「大丈夫!お前ならやれる!」

砦「もっと走れ!もうアカン!」

私「いま走ってる!がんばれ!」

砦「アカン!アカン!もうアカーン!」

私「がんばれ!がんばってくれ!」

あと100m。グラウド中央。

砦「きたきたきたきたきたきた!!!!」

私「ちょ、ちょっと待て!」

砦「うわああああああああああ!!!!」

私「だ、だ、だ大丈夫だから!!!」

気が狂わんばかりの警告を放つ最後の砦さん。

 

あと30m。トイレまで10秒地点。

砦「あ・・・すまん・・・」

盛大な音が、下半身から聞こえてきた。

私「おい・・・・・・・」

砦「すまん・・・すまブリブリブリ」

グラウンドで立ち尽くす私。

第一波が来てからおよそ1時間。

よくやったよ。

よく堪えた。

もう急ぐ必要はない。

もう終わったんだ。

何もかも手遅れだ。

染みてくる可能性はあったが、

もうどうでもよかった。

あんなに遠くに思えたトイレが目の前にあった。

ゆっくりとトイレに入り、

絶望の表情をする自分と目が合う。

汚い鏡だな・・・。

自分のケツの惨状を棚に上げそんなことを思う。

個室に入る私。

パンツは捨てるべきか。

ノーパンでテニス・・・ふっ笑えるぜ。

母ちゃんに怒られるから洗って履くか。

いや、もうどうでもいい。

もう終わったんだ。

全てを諦めた私に勝てる者はいない。

おずおずとブリーフとズボンを一緒に下ろし、

そこに見えた光景に私は目を疑った。

私「いない・・・ヤツがいない・・・」

そこにあるはずのものが、まったく無かった。

臀部に手を当ててみる。

汚れない!手につかない!臭わない!

私「どういうこと!!?」

砦「具はまだ抑えてるぜ!」

私「とりでえええええええ!!」

私は叫んだ(心の中で)

ありそうで、なさそうで、本当にあったポッキー少年の話でした。

 

 

その2 今だからゴメンなさい

またもや中学生の頃の話。

私が通う中学校は自宅から30分ほど歩いたところにあった。

隣の中学の校区、その境界ギリギリに我が家があった。

身長140センチ台の小柄な中学生だった私

筋力もなく、今ほどではないがガリガリの非力君だった。

毎日歩いて登校するのが本当に苦痛だった。

でも学校の規則で自転車通学は認められていなかった。

歩いて登校することに疲れ果てた私は

ある時から自転車で学校に向かい、

学校の近く、町工場の壁際に自転車を停めて

そこから歩いて通学することを覚えた。

ルール違反である。

でもまぁ同じように「こっそりチャリ通」はたくさんいた。

途中で友達を拾って2ケツで通学することを覚えた。

非力なため、友達に運転させて私は後ろに乗るというような

卑劣なことをしていた。

乗せてやるから運転しろよ、ということらしい。

道路交通法違反である。

でもまぁ同じように「2ケツチャリ通」はたくさんいた。

ある日、いつものように自転車で自宅を出発し、

通学路を進んだが、様子がおかしい。

いつもの場所で待っているはずの友達がいない。

当時は携帯もなかったし、ポケベルもまだ普及前。

今日は休みかな。

深く考えずにいつもの工場にむかう。

工場の壁際には、私と同じように自転車通学している連中の

自転車があるはずなのに、今日は停まっていない。

なんだか変だと思いながらも自転車を停めて学校にむかう。

やっぱりおかしい。

通学する生徒がいない。

校門を抜けてグラウンドを歩くもまったく生徒がいない。

グラウンドを歩きながら、見覚えのあるトイレを眺めていたら

校舎に着く前に職員室の窓が開いた。

「おーい、今日は休みやど~!」

平田先生が笑いながら帰れ帰れのジェスチャーをする。

 

今日は祝日だった。

照れながら「間違いましたー!」と叫び、元来た道を歩く。

母ちゃん、なんでや!なんで起こしたんや!

と思いながら元来た道をひたすら歩く。

 

やったー!今日は休みだー!

浮かれていた。

そしてここで気づく。

あ、チャリに鍵刺したままや・・・!

 

パクられてるんじゃなかろうか!

盗られたら明日から歩いて通学になっちゃう!!

大急ぎでチャリ置き場に向かう。

 

息を切らせて工場に到着。

我が愛チャリはそこにいた。

心底安心した。

さて、帰って何をしようか。

 

颯爽と自転車にまたがり、いざ発車。

ガチャン!

自転車が動かない。

私は目を疑った。

鍵がかかっていた。

ポッケをまさぐり、カバンを開け、鍵を探す。

間違いなく持ってない。

だって鍵を抜いた記憶がないもの。

 

鍵が付いたままの自転車を見つけた何者かが

鍵をかけていったのである。

なんて酷いことをするんだ!!

わずか10分の間に、誰かが嫌がらせをした!

ふざけるな!

自分の行為を棚にあげ、犯人に対して憤慨した。

 

そして絶望に打ちひしがれた。

チャリを捨てて歩いて帰るか?

チャリを担いで帰るか?

 

私は後者を選択した。

明日からの足を確保したかった。

後輪はロックされているが、幸い、前輪は回転した。

後部を持ち上げて、前輪を転がして帰ればいいんだ。

 

この時の私の行動を、犯人はどこかで見ていたのかもしれない。

きっと笑えただろうな・・・。

いま、書きながら、ふとそんなことを思う。

 

非力なポッキー少年。

道程の半分もいかないところで音を上げ、

鍵がかかった自転車の横にうずくまっていた。

 

悔しさと、自分の非力さに憤り、

痛む腕をかかえて座り込んでいた。

突然訪れた休日を喜ぶ気持ちは、もうどこにもなかった。

 

もう無理だ。

もう持ち上がらない。

私は決断した。

 

捨てよう

 

ちょうど、ドブ川の橋にたどり着いていた。

自転車を川に捨てよう。

母親には自転車は盗られたと言おう。

そう思った。

 

ただし、非力な私は川の中に放り込むことができなかった。

橋の欄干に立てかけるように自転車を放置し、

その場を去った。

いまだからごめんなさい。

 

帰宅し、予定通り母親に自転車を盗られたことを伝えた。

鍵をかけなかったお前が悪い。

新しい自転車は買ってもらえそうになかった。

 

翌日、そのさらに翌日、してまた翌日。

通学路に放置された私の愛チャリはずっとそこにいた。

「早く連れて帰ってよ」

そんなことを告げるように愛チャリはずっとそこにいた。

 

あの日から数日後の帰宅時。

テニス部の練習を終え、クタクタになった私は

ドブ川にある自転車の後輪を持ち上げ、自宅まで転がした。

 

帰宅後、金槌とドライバーを握り、カギを壊した。

母ちゃんには自転車を見つけたとウソをつき

チェーンのカギを買ってくれとお願いした。

それはあっさりと受け入れられ、

懲りない私はまた自転車通学を再開するのだった。

はい、今月はここまでです。

記憶が曖昧な部分もあるけど、だいたいあってる。

ポッキー少年の哀愁を感じていただければ幸いです。

 

前半と後半で色合いが全く違うので

来月とで分割しようと思いましたが・・・

来月はまた違う話を書けばいいか。

40年生きてきたら、イレギュラーな話は山ほどあるもので。

ポッキー少年の哀愁、いつかまた書きま~す。

それでは、また来月!

あでぃおーす!


 編集戦隊   レベストジャー

レベストジャー・イエロー

ポッキーさん

急な腹痛あるよね~∠( ゚д゚)/

トイレを我慢あるよね~(^_^;)

だけど出ちゃったと思ったら

出ていなかった経験は(-_-;)

無いよね~(^_^;)

でも出てなくて良かったね∠( ゚д゚)/

自転車通学憧れたよね~(´ε` )

好きなこと二人乗り憧れあわ~∠( ゚д゚)/

二人乗りは駄目ですけどね(´ε` )

自転車のサドル無くて立ちこぎで帰ったな~(-_-;)

誰やねん!

サドル盗んだやつ!

赤い自転車やったけど(´ε` )

お母ちゃんの自転車でしたけど(-_-;)

イエローのおいど4年分染み付いとりましたが

犯人さん!

残念∠( ゚д゚)/

編集戦隊レベストジャー

投稿者プロフィール

ポッキー
ポッキー

* * * * *
レブログ初代編集長、「ポッキー」こと中川卓。各記事にコメントをつけていたが、当たり障りのないコメントを連発したため編集長の座を明け渡すことになった、かつての編集長。レベストで一番「凡」の字が似合う男(自虐)

SNSでもシェアできます:

    • Deco
    • 2021年 6月 14日

    ポッキー少年…

    その1。
    朝からなんの話??
    だいぶ迷走しているなぁ。と大人になったポッキーさんに憐み感じました笑

    その2。
    憎めないキャラ出てて、可愛い〜笑笑
    中学生の少年ってみんなこんな感じですか?
    めちゃ可愛い笑
    お母さん、先生…絶対バレる嘘をたくさんついてきたんじゃないかと思えるブログでした。
    (違ったらごめんなさい)

    • 寺ママ(・∀・)
    • 2021年 6月 14日

    うん。
    文章を書くって難しい。
    言葉を紡いで人に伝えるのは思ったより難しい。
    感想を書こうとしたけど駄目出しになりそうです。
    なので、今回はノーコメント(・∀・)

    • @うちぞの
    • 2021年 6月 14日

    なんてコメントしたらいいんだろぅ。。。
    わたくし、少し混乱しています(不安)
    レベストを代表する文章の達人、
    ポッキー前編集長が、まさかの
    う○こネタ、そして
    オチのない自転車ネタなんて。。。。
    あまりにも〰
    な~んってね。
    楽しませてもらってます(笑)
    少々下品なことは、皆さん百も承知。
    「けど、かなりのスランプやなぁ。。。」

    • 高橋み
    • 2021年 6月 15日

    最後の砦、がんばりましたねw
    ガスだけ出してあとはしっかりガードできるのは
    筋肉がまだしっかりしていた証拠ですね
    今はギリギリまで攻めると
    決壊確定ですよー

    チャリンコは。。。
    いや、チャリの鍵くらいチャリンコ屋に行けば外してもらえる。。。
    自暴自棄になるハードルが低いのも
    若さですねー

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


思わず買ってしまいます。

2021年 7月 29日   カラアゲ *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* おはようございます。 本日はカラアゲが担当します。…

運の無駄遣い

2021年 7月 28日   N *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* おはようございます 本日はNが担当いたします &nbs…

新しい曲にチャレンジ!!

2021年 7月 27日   うえっち *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* 皆さんおはようございます 先日仕事…

京・探訪禄

2021年 7月 26日   ナノテトラ *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* 皆様おはようございます。 ナノテトラです。 …

20217/24

世界の祭典!!始まるよ!!!

2021年  7月  24日   TAKE☆CO *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* ごきげんよう! TAKE…

カラフルウィッシュご存じですか?

2021年 7月 21日   でんでん *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* みなさんおはようございます。 本日はでんでんが担当…

スマホデビュー

2021年 7月 20日   イテザ *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* みなさん、おはようございます。 母がついにスマホ…

ダイエットって何が辛いの

2021年 7月 19日   ふっくん *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*   皆様おはようございます。 本日は福本が妻のこ…

20217/17

素敵な贈り物~お届けいたします(*´艸`*)

2021年 7月 17日   TAKE☆CO *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* ごきげんよう! TAKE☆COです! &n…

「顔出し」てみました。

2021年 7月 16日   寺ママ *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* みなさん、おはようございます。 寺ママです。 &n…

ページ上部へ戻る