レブログメンバーのプロフィールについては、こちらをご覧ください。

メンバーリスト

Google plus

ランキング参加中


ブログランキング・にほんブログ村へ

最近のコメント

アバター画像は、似顔絵メーカーを使用しました。

© レブログ All rights reserved.

20196/14

ポッキーの初恋

2019年6月14日 ポッキー 
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

みなさんおはようございます。

ブログの掲載日を完っ全に勘違いしていたポッキーです。
明日の朝にアクビちゃん編集長に提出すれば良いか~と思っていたら
明日の朝が掲載日だったでござるのです。

というわけで、今回もしゃちょーにドヤされる内容になるかもしれないなぁと思いつつ。
用意したネタが無いもので、誰も興味が無いであろう昔話をしたためます。
最初に言っておきますが、これは真実の物語。
嘘も方便もなにもない、ただ純粋だったポッキー少年の恋物語です。

 

:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:

 

初めて女の子を意識したのは幼稚園のころ。
いつも仲良くしていた4人組。
幼稚園が終わったあとは、毎日持ち回りで
それぞれのお家に遊びに行くのが日課だった。
幼稚園児なので、もちろん母ちゃんと一緒に行ってたよ。
世間話をする母ちゃん達を尻目に、聖闘士星矢ごっこで盛り上がったっけ。
ボクはいつも乙女座(バルゴ)のシャカになりたがった。
(バルゴって入力したら乙女座って変換した。すげー。)
目を開いたら本気なんだよと言っては、すぐに目を見開いてた。
オーム!と叫んではペガサス星矢(になりきったミノル君)に殴られたなぁ。

そんな話は置いておいて、、、
いつの頃からか、いつもの4人組に加えて一人の女の子が参加するようになった。
彼女の家に遊びに行くときには、胸がときめいた。(何度も言うが親と同伴)
彼女はマンションの高いところに住んでいて、
エレベーターで最上階の7階に上がるのがとても楽しみだった。
今日はミノル君は来ないらしい。そんな話が舞い込むと、ただ嬉しかった。
今思えば、ボクら4人は皆、彼女のことが好きだった。

幼稚園を卒園する日、
段上で先生から卒園証書を受け取る彼女を、今でもはっきり覚えてる。
今日で彼女に会えなくなるかもしれないという思いは、現実のものとなった。
小学校の校区はボクだけが違っていて、仲良しの3人や彼女とも離れてしまった。
ボクだけひとりになった。寂しかった。
同じ校区なのは、タナカという小太りな少年だけだった。

7年後、中学校入学とともに親友3人との再会を果たすのだが、彼女とは会えなかった。
後に知ったが、彼女は中学受験に成功し、地元ではトップクラスの高校に進学していた。
公立では県下No1。天才達が通う高校に。
彼女は次元が違う人になっていた。だが、寂しくはなかった。
その頃の僕にはそれ以上に思いを寄せた女の子がいた。

今日ここで語る物語は、幼稚園の彼女のことではない。
小学生になってからの恋物語。
ボクではない、僕の物語。

 

:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:

 

名前を仮にユキちゃんとする。
ユキちゃんは、2年生の春に僕の学校に転校してきた。
当初、ユキちゃんは嫌われていた。
転校生であることから、無理に明るく振る舞い、無理にグループに入ろうとした。
そして浮いてしまった。

放課後、お家が工場のヨシオ君の家に集まり、
秘密基地を作っているときに、ユキちゃんが通りがかったことがある。
彼女は僕らが集まっていることを知っていて、わざわざそこに来たのかもしれない。
家は近くないはずだし、偶然一人でそこを通るとは考えられなかった。
ユキちゃんが現れたことを知った誰かが「隠れろ~!」と叫び、
奥にあった機械や資材の影に隠れてやり過ごした。
ユキちゃんは工場の前を何度か行き来し、そして帰っていったのを覚えてる。

いま考えても、あの当時なぜ彼女をのけ者にしていたのかはわからない。
無意識に余所者というレッテルを貼っていたのか、
自分たちのグループを守りたかったのか。
今でいう「イジメ」だったのかもしれないが、
とにかく当時の僕らは彼女を受け入れなかった。

ただ、初めこそユキちゃんは皆から嫌厭されていたものの、
月日が経つごとに周囲の皆とも打ち解けていった。

ユキちゃんは走るのが早かった。
ユキちゃんはピアノが上手だった。
ユキちゃんは国語の音読で、一番に「はなまる」をもらった。
ユキちゃんは絵を描くのが苦手だった。
ユキちゃんは可愛かった。
ユキちゃんを知れば知るほど、僕は彼女に好意を持つようになった。

僕の学校では3年と、5年の初めにクラス替えが行われた。
ユキちゃんとは2年の春から6年までずっと同じクラスでいられた。
ちなみに、タナカとは幼稚園から中学3年までず~っと一緒。

3年生か4年生の頃か記憶が定かではないが、
別の女の子が僕のことが好きらしいという噂があった。
まんざらでもなかったが、でも僕は心に決めていた。
将来はユキちゃんと結婚するんだと。

5年生の春、クラスでコックリさんが流行った。
僕は怖がりなので、放課後の教室でコックリさんの儀式が始まると
逃げるように帰宅していた。
女の子たちはキャッキャ言いながら、それでも真剣にお化けを呼び出していた。
ある日の放課後も、またコックリさんを呼び出すという話を聞き、そこには
ユキちゃんも参加するとの情報を得たが、僕は何ふり構わず逃げた。
そして翌日の朝、クラスの女の子から思いがけない話を聞くことになる。

コックリさんのお告げでは、
ユキちゃんの好きな人は、ポッキーらしいよ!

おいおいおいおい!まじかよ!
まじかよぉぉ!
ユキちゃんを見ると、口では否定していたが顔が真っ赤だった。
これは、脈アリか?
コックリさんって何者?
お化けのくせに、やるじゃんかよぅ!!

完全に有頂天だった。
しかし、僕の口から出た言葉は

「ちょっと勘弁してよ。嫌やわ~。」

小学生男児の悲しい性。好きの裏返し。
この発言により、ポッキーってサイアク~!が女の子たちの間で広がってしまい
一世一代のチャンスを失ってしまったのである。

とはいえ、当のユキちゃんといえば、事あるごとに話しかけてくるし
ポッキーの消しゴムはよく消えるからと僕の消しゴムを借りに来たり。
離れた席に座っているのに、しょっちゅう目が合ったり。
勘違い男の典型かもしれないが、
脈アリ!の意識が僕の中で消失することはなかった。

そして迎えた、2月14日。
そう、社長の誕生日。いや違う。バレンタインデー。
(この頃の社長はまだ30歳にもなってなかったんだなぁ・・・と、しみじみ。)

ユキちゃんからチョコがもらえるかもしれない!
しかも本命チョコがもらえるかもしれない!
いや、絶対にもらえる!
なぜかそう確信していた。
朝から楽しみで仕方なかった。

でも、学校の授業はいつものように終えてしまった。
放課後になってもユキちゃんが僕の席にチョコを持ってくることはなかった。
やっぱり勘違いだった。
その日、僕は学校から帰ってランドセルを置き、その足で再び学校へ。
この頃から放課後は学校のグラウンドでサッカーをするのが日課だった。
ちょうどJリーグが始まった頃だったと思う。
父ちゃんが仕事の関係で、ガンバ大阪の磯貝選手のサインをもらってきた。
ミューレル選手?のサインももらってきた。
当時も今もあまりサッカーに詳しくはないので、この人達が有名人なのかは知らない。
磯貝選手の名前は、先日レベスガさんが話してたので有名なんだろうと思うが・・・。
(スミマセンww)
でも友達に見せると驚いていたし、自慢だった。

話が脱線したが、その日の夕方、
サッカーを終えて自宅に戻ると、駐車場のところにユキちゃんが居た。
もう完全に忘れていたが、今日がバレンタインデーであることを思い出した。
ユキちゃんはチョコを持って待っていてくれた。

嬉しかった。
手紙も入っていたような気がする。(覚えてないw)
その日は、ありがとうと満面の笑みで言えたと思う。

翌日学校に行くと、僕がユキちゃんからチョコをもらったことを
クラスの女の子達は皆知っていた。
女の子達は、ポッキーはどうなの?という感じで
僕のユキちゃんに対する気持ちを聞いてきた。
僕は正直に好きだと言った。

両想い。

当時の僕は、両想いになれたというだけで満足だった。
相手も僕のことが好きなんだという嬉しさだけで満足していた。
が、小学生の僕は「お付き合いをする」という概念を持ち合わせていなかった。
休み時間や放課後はサッカーをしていたし、
一緒に帰るのは、帰る方向が同じタナカだった。
僕には「ユキちゃんと両想い」という慢心があった。

6年生の秋、僕は突然、ユキちゃんに振られた。
ポッキーは遊んでくれない。
ポッキーは一緒に帰ってくれない。
ポッキーは私のことを何とも思っていない。
ユキちゃんは大人で、そして僕は小学生だった。

 

:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:

 

6年生の終わりのバレンタインデー。
ユキちゃんは当然チョコをくれなかった。
そしてそのまま、小学校を卒業。

卒業式の翌日、僕の祖父が亡くなった。
祖父は少し前から危ないと言われていた。
もしかすると卒業式も途中で抜けることになるかもしれないと。
大好きだった祖父は、僕が小学校を卒業するのを待っていてくれた。

 

中学の入学式前日。
僕は祖父のお仏壇の前で眠った。
ユキちゃんと同じクラスになれますように。
じいちゃん、お願い。
僕のお願い、じいちゃんなら聞いてくれるでしょ?
泣きながら祖父にお願いをした。

 

:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:

 

はい。
今日のブログは以上ですwww
唐突に終わるのがポッキースタイルwww

今日はカール君の写真も無し!!
なぜかというと、ブログの入稿期限を忘れていたから。
カール可愛い!と言ってくれるアクビちゃんは編集後記を書く時間がないしね。
セルフ編集。セルフ編集後記。

それでは皆さん。
週末の金曜日、しっかり働いて楽しい土日を迎えましょう~♪

 


ポキ(臨時)

淡いわ~!!淡い恋心やわ~!!
自分で書いておいてアレですけど、なんて純朴なんでしょう。昨今の小学生とは違いますよね。昨今の小学生男児がどんな感じかは知らないですが、勝手なイメージではもっとチャラチャラしてそう。最近は小学生でもスマホ持ってたり、ユーチューバーなんていう新しい職業も人気があると聞きます。このころの僕はパイロットになりたいと胸を張って言ってたもん。純朴やわぁ。
この物語には後日談がありまして、僕が俺になった頃にユキちゃんと再会します。というか強引に会いに行くんですけどね。機会があればまた。
あと、ネタが無いと、個人的なことを暴露してしまう癖はなんとかせねばならんと思っています。特に今回のブログは深夜に書いたので、テンション的におかしいかもしれない。朝になり掲載された文章を見て恥ずかしい気持ちになるかもしれない。耐えきれなくなったらアクビちゃんに頼んで記事の抹消をお願いしようかな。。。

投稿者プロフィール

ポッキー
ポッキー

* * * * *
レブログ初代編集長、「ポッキー」こと中川卓。各記事にコメントをつけていたが、当たり障りのないコメントを連発したため編集長の座を明け渡すことになった、かつての編集長。レベストで一番「凡」の字が似合う男(自虐)

SNSでもシェアできます:

    • 高橋み
    • 2019年 7月 15日

    両思いなら。。。ええやん。。。(40代独身男性語る

    淡い恋心かぁ。。。
    あったんやろな。。。
    両思いは無かった(断言

    転校生ってすぐに人気者になったけどなぁ
    私の住んでいる地域が田舎なのかもしれないけど
    目新しい人や物がくるとみんな飛びついてましたよ
    特に転校慣れしてる子はちょっと大人っぽい人が多くてね
    そういや小学2年の時に東京から転校してきた女の子がね。。。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


201910/19

京都♪ 大原♫ 三千院♫~美味しいランチしちゃった!~

2019年10月19日 TAKE☆CO  *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* ごきげんよう! TAKE☆COです! &nbs…

201910/18

あいちトリエンナーレ2019について

2019年10月18日 図書委員  *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* みなさまおはようございます。本日は営業部の田渕が担当です…

201910/17

見上げれば通天閣、、さてここは??

2019年10月17日 アクビちゃん  *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* おはようございます。 毎日人様のブログに何様目線で…

201910/16

アイウォーク

2019年10月16日 モリシー  *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* 皆さんおはようございます。 松葉杖生活1ヶ月半のモリシ…

201910/15

「ウルトラ」クエスト

2019年10月15日 Cosaka  *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* みなさんおはようございます。東京支店のCosakaで…

201910/12

神社 仏閣 ぐるり旅!! ~神社を駆け巡りツアー~

2019年10月12日 TAKE☆CO  *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* ごきげんよう! TAKE☆COです! &nbs…

201910/11

画伯

2019年10月11日 ポッキー  *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* みなさん、おはようございま~す。いや、こんばんは~。だな…

201910/10

いい湯だな

2019年10月10日 カルモパパ  *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* おはようございます。 先日、自宅のマ…

北海道旅行記

2019年10月9日 tanitaka8  *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* 先日の北海道旅行についての話しです。 実は北海…

【※写真閲覧注意※】病は気から? 病は突然やってくる!!

2019年10月8日 のィジー  *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* おはようございます。 本日は、のイジーが担当いたします。…

ページ上部へ戻る