レブログメンバーのプロフィールについては、こちらをご覧ください。

メンバーリスト

Google plus

ランキング参加中


ブログランキング・にほんブログ村へ
アバター画像は、似顔絵メーカーを使用しました。

© レブログ All rights reserved.

20180905title

20189/5

ニセモノの価値

2018年9月5日 ナノテトラ 
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

皆さまおはようございます。

本日は、ナノテトラが担当いたします。

 

 

みなさんには、行きたいと思っていても、実際には行けていない場所はありますか?

 

ナノテトラにはたくさんあります。

先日その内の一つだった、大塚国際美術館へ行くことができました。

 

大塚国際美術館。皆さまご存知でしょうか。

近頃は人気だと聞くのですが、実際のところどうなんでしょう。

 

 

この大塚国際美術館、大阪からは少し遠くて車で3時間ほど。徳島県鳴門市にあります。

美術館の入館料はなんと3,240円!

美術館の中では日本一高い入館料です。

しかもこちらには本物は一つもありません。全てレプリカ。ニセモノです。

 

なぜニセモノに高い入館料を払って見に行くのでしょう。

それは、

世界中にある名画約1000点が

徳島のこの一つの美術館で鑑賞することができるからです。

世界中の名画を撮影・鑑賞し、それを陶板に焼き、

サイズ・色合い、さらには筆後まで再現している、大きな大きな美術館なんです。

全てまわると4kmほど歩くことになり、1日かけても時間は足りません。

 

美術館の説明はこれくらいにして、参りましょう。

 

入口カウンターでチケットを渡し、

ながーいながーいエスカレーターで地下3階のエントランスへ向かいます。

pict_20180905_01

 

 

入るとすぐにこの美術館の目玉でもある、

原寸大システィーナ礼拝堂 が現れます。

1000点ありますからね。出し惜しみなんてしません。

pict_20180905_02

 

 

フェルメール 真珠の耳飾りの少女

pict_20180905_03

有名ですね。

 

ポンペイ遺跡 秘儀の間

pict_20180905_04

女性が、左側にある入り口から入ってきたかのようなシーンから始まり、

儀式を行っていく様子が描かれています。

すごく好きだったのに写真1枚しか撮っていませんでした。

 

フェルメールのターバンの青、フェルメール・ブルーや、

ポンペイ遺跡の赤、ポンペイ・レッド

きれいな色だなー、いい色だなーと思っていたら、

原材料がとっても高価。

フェルメール・ブルーは、非常に貴重な鉱石「ラピスラズリ」。

ポンペイ・レッドはアルメニアから輸入された鉛丹を用いた塗料。

やっぱりキレイなものは高いのね。

 

あまりに有名な ダ・ヴィンチ モナ・リザ

 

 

そして、そして一番見たかった絵画(陶板)

ダ・ヴィンチ 最後の晩餐(修復前)

pict_20180905_06

 

最後の晩餐(修復後)

pict_20180905_07

修復後のほうが、実際にダヴィンチが描いた当時に近い形に戻しています。

前を向けば修復前後ろを振り返れば修復後

同じ部屋で一緒に見ることができます。

本場では絶対にできない。

レプリカだからこそできることです。

 

最後に ゴッホの‘7つの’ひまわり

pict_20180905_08

見たことないひまわりが混じっていませんか。

背景が青いひまわり。

実はこれ、芦屋の実業家が購入していたもので、

太平洋戦争で焼失した作品のレプリカなんです。

本物はもうありません。

これ、残っていて欲しかったな。

 

正直、陶板の技術があったからといって、どうして絵画とつながったのか、

なぞで仕方ないのですが、圧巻の一言です。

 

さて、みなさん最初に

ながーいエスカレーターで地下3階のエントランス

と書いていたのに違和感を感じませんでしたか。

間違いではありませんよ。

地下4階から入り地下3階に上がるのです。

実はこちら、瀬戸内海国立公園の敷地内で高い建物は建てられなかったため、

山を掘削し建築してから又埋め戻して作ったようです。

さすが、陶板に絵画を焼こうと思っただけのことアル。

なんでもできるね。

 

それにしても、行きたいところにやっと行けたのに、

本物も見に行きたくなっちゃったよー!!!

バチカン、ルーブル、ウフィツィ・・・

 

なんだか行きたいところが増えた上に難易度あがったよ。

うん。でも、いつか行こう。

 

それでは、いつかのために本日もがんばりましょう。

 


編集長

読者の皆様、昨日の台風21号大丈夫でしたか?本当に凄い勢力でしたね。うちのマンションも結構な被害を被りました。まずベランダにある隣の部屋との境目の目隠し板が風で飛ばされ、「えー!なんじゃこりゃ!」なんて騒いでいた矢先、今度は上から割れた窓ガラスがガシャーーン!!外に出てなくて命拾いしました。野次馬根性出さなくて本当によかった。。。「あ〜怖かった〜」と旨を撫で下ろしていると、、、目の前のマンション?アパート?から非常ベルの音が鳴り響き、ウゥ〜ウゥ〜とけたたましいサイレンを鳴らしながら消防車もやってきた!!
え、、こんな時にまさかの火事ですか?ヤメテ。。。
結局ボヤだったようですが、ホントに冷や冷やもんでした〜(汗
今日はブログとは全く関係のない編集後記でごめんなさい。ナノさんごめんね〜!ww
果たして、大の飛行機嫌いなナノさんが異国の地を踏むは来るのだろうか、、、?ww

 

投稿者プロフィール

ナノテトラ
ナノテトラ

* * * * *
レベストの金庫番「ナノテトラ」。彼女が触れるPC等の電子機器ではエラーが出る率が高く、怪電波を放出中かも。

SNSでもシェアできます:

    • 高橋み
    • 2018年 9月 05日

    台風すごかったですね
    社内から外を眺めていると
    色々なものが飛んでいくのが見えました
    外に出ると風のせいで死ぬ可能性がある
    と感じたのは初めての経験でしたね
    社内でも家に被害が出ている方が多数いらっしゃいます
    報道されている以上に今回は影響が大きかったなと思います
    皆様はご無事でしたでしょうか?

    「ニセモノの価値」良いタイトルですね
    ニセモノです、として別の技法で仕上げたこの「作品群」は
    果たしてニセモノなのでしょうか?
    作者に、作品に敬意を込めて作られているのが分かりますので
    いわゆる「オマージュ」ですし
    そもそも「陶板名画」という
    本物とは立場が異なる別の芸術品であるとも言えますね
    それが一堂に会して、そこに行けば観られる
    とても価値のあるものだと思います
    ああ、行ってみたいなぁ近くて遠い。。。
    徳島には年2回行くのになぁ。。。(通り過ぎてます

    • TAKE☆CO
    • 2018年 9月 07日

    行ってみたい!
    行ってみたい!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


201810/20

祭りで~い! 祭りで~い!! 六角さんで!!! 祭りで~い!!!!

2018年10月20日 TAKE☆CO  *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* ごきげんよう!!TAKE☆COです! 土曜日はT…

201810/19

思いがけないラッキー☆

2018年10月19日 Banana  *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* みなさんおはようございます。 本日…

201810/18

台風の爪痕

2018年10月18日 kei  *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* みなさん、おはようございます。 本日は台…

title20181017

201810/17

彼の馬券はなぜ当たらないのか 〜 或る男の馬券傾向とその対策 〜

2018年10月17日 高橋み  *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* 今秋も行ってきました 徳島! マチアソビ!! 「クライマ…

201810/16

運動会三昧

2018年10月16日 Deco  *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* 皆さん、おはようございます! 本日はD…

201810/15

10年前の自分のケツ

2018年10月15日 ポッキー  *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* 皆さんおはようございます。 今月の25…

201810/13

いやいや!! 冗談でしょう?! 事件!事件!! 事件ですわよ!!

2018年10月13日 TAKE☆CO  *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* ごきげんよう!! TAKE☆CO…

201810/12

スパイスで暑気払い

2018年10月12日 どんぶり  *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* みなさんおはようございます。本日はどんぶ…

201810/11

踊りとか競りとか・・・この夏いろいろ印象に残ったもの3選

2018年10月11日 TAKA  *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* みなさん、おはようございます。 &nb…

201810/10

~長崎、歴史と食の旅~

2018年10月10日 ぐんも  *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* おはようございます。 本日はぐんもが担当…

ページ上部へ戻る